大切なお知らせ

【お知らせ】住宅用火災警報器について

消防法の改正により、平成18年6月1日から新築住宅・改築住宅を対象に義務付された「住宅用火災警報器」ですが、義務付から10年が経過しました。

火災警報器(電池式)を設置されたご家庭には、10年を目途に交換する事をお勧めしています。

title_logo

古くなると、電子部品の寿命や電池切れなどで煙を感知しなくなる事があるため、危険です。

感知器についているヒモを引く、ボタンを押す等で点検もできますのでご確認下さい。

jukeiki_tenken01※機種により、警報音は異なります。

また、上越市・妙高市管内では既存の住宅に関しても平成23年6月1日までに設置が義務付られた為、基本的には全てのご家庭に設置されているはずです。

万が一に備え、点検・交換を行いましょう。